最近、新たに経営顧問のご契約をいただきました。

経営顧問業については、特に宣伝もしておらず、口コミや紹介のみ受け付けています。

ただ、現在は手いっぱいのため新規のご契約は順番をお待ちいただいている状態です。

そんな中、数少ないご契約中のクライアントさんとのやり取りを通じて、いつも思うことが、「できる人ほど専門家やプロの使い方が上手である」ということです。

逆に、できない人ほど、専門家の使い方が下手であるともいえます。

例えば、無料で相談に乗ってもらおうと思ったり、無料でアドバイスを得ようとしたり、無料で人を紹介してもらおうとしたりなど。

プロフェッショナルほど、その辺りは敏感で、「アドバイスには責任が伴う」ことを承知していますから、アドバイスを求められても深いところまで突っ込んだことは言いません。

もし、アドバイスしたとしても、ありきたりの内容だったり、一般論ぐらいしかお伝えできないのです。

また、無料で気軽にアドバイスすることは、すでにお金をいただいている既存のクライアントさんや顧問先にも失礼だとも考えています。

こういったことを心底理解している人は、専門家やプロに気軽に無料でアドバイスをいただこうとは考えません。きちんとした助言を得ようと思ったら、それなりの対価を払わないと得られないことは論理的にも経験上からもわかっています。

フリーライダー(タダ乗り)では経営を持続させる上で重要な「再現性」を実現できないことを肌で理解しています。

ビジネスはチームでやるもの。専門家やプロの力をいかに引き出すか?はできる人の条件の一つですね。クライアントさんを通じてつくづく感じさせられます。

 

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。
※お名前
※メールアドレス