よく、起業相談で、

「起業アイデアのネタがありません。

どうしたらいいでしょうか?」

と聞かれたりする。

 

結論から言うと、

なんでもいいからやれ!

というのがわたくしの本音のメッセージなのだが(笑)、それではあまりにも冷たいと言われそうなので、ある程度の起業アイデアのネタ探しのポイントを書いておきます。

 

起業アイデアネタ探しの重要なポイントは3つ。

1、お客さんが強く必要としているモノ(コト)を売る

これは起業アイデアとして、もっと重要です。

なぜなら、どんなに良い商品やサービスを思いついたとしても、必要とする人や、欲する人がいなければ、売るのは大変だから。

たとえば、わたくしは昔、高級で健康によいお米の販売をしたことがありました。

一目見た時、「これはすごい!絶対売れる!」と起業アイデアネタとして素晴らしいと思いこんでいました。

しかし、結果は全然売れませんでした。

結構頑張って販売したんですけどね。

なぜ売れなかったのか?

ズバリ需要(ニーズ)がなかったからです。

よいお米はこの日本にそこら中で売ってますよね。

わざわざ無名のお米なんて買おうとしないわけです。

なので、まず起業アイデアネタとして大事なのは、お客さんが「欲している」「必要としている」というのがポイントとなります。

 

2、競合にないモノ(コト)

お客さんが欲している、必要としている商品やサービスは起業アイデアネタとしては素晴らしい。

しかし、ライバルがすでにやっていたり、カンタンに真似できそうな商品やサービスの場合は、成功するのが難しいです。

だから、「ひとひねり」を加えて、起業アイデアネタをあなただけのオリジナルにしましょう。

たとえば、わたくしが経営していた株式会社レジェンドプロデュースで提供しているステップメールのアスメルは、一見どこにでもあるようなメール配信サービスと思われがちです。

ところが、「使いたい放題無制限」という「ひとひねり」を加えると、競合がまったくいなくなります。

どれだけ使っても固定料金で使えるのは、ステップメール提供会社ではレジェンドプロデュースだけとなります。

このように、起業アイデアネタは「ひとひねり」を加えて、競合と競争しない状態にすることが大事です。

 

3、好きなこと、得意なこと。

お客さんが欲している!必要としている起業アイデアネタを思いついた!

さらに、ひとひねり加えて競合もいなくなった!

けど、これだけじゃまだ足りないのです。

それは、あなたの「情熱」です。

あなたが心底、その起業アイデアネタを好きでなければ、なかなか事業が軌道に乗りません。

なぜなら、やっているうちに飽きてしまうし、競合であなたより情熱を取り組んでるとこがあれば、カンタンに負けてしまうからです。

 

たとえば、わたくしは、昔、「鉄道模型」をネットで販売する起業アイデアネタを思いついたことがあります。

競合もさほどいなかったので、これは勝てると思っていました。

けど、参入を諦めました。

なぜなら、鉄道模型を特別好きなわけではなかったので、情熱を持って取り組むイメージができなかったからです。

もし、参入したとしても、鉄道模型が大好きな起業家が参入してきたらカンタンに逆転されてしまうでしょう。

だから、あなたが思いついた起業アイデアネタは、心底情熱が持てる「好きなこと」でなければいけません。

さらに付け加えるなら、得意なことであれば、なお良いです。

 

以上の3つが起業アイデアネタに困らないためのポイントだが、あえて言うなら、わたくしは3の「好き」がもっとも重要だと考えています。

その点については、また別記事で説明する機会があればと思います。

いかがだったでしょうか?

起業アイデアネタで困らないための参考になれば幸いです。

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。
※お名前
※メールアドレス