遠回りを楽しもう。

人はよく「答え」を知りたがる。

ついつい「近道」をしたがる生き物。

たとえば、

「どうしたらすぐに儲かりますか?」

「どうしたら手っ取り早くお金が儲かりますか?」

「おススメの本はありますか?」

など。

 

しかし、残念ながら、答えを見つけることに本当の答えはありません。

「答え」そのものには価値がないのです。

自分探しをする人の特徴も同じ。

「自分」という答えをいくら探しても見つかりっこありません。

自分探しとは永遠に答えのでないアポリアなのです。

 

では、「答え」に価値がないとすれば、一体なにに価値があるのか?

それは答えを「探す」ことそのものに価値があるのです。

この「探す」行為こそが楽しみなのです。

 

「探す」行為そのものを楽しむこと。

それが自由に豊かに人生を生きるためのコツでもあります。

たとえば、起業でいえば、「起業そのもの」を楽しむこと。

起業とは言い換えるなら「冒険」や「旅」です。

冒険や旅は、遠回りするから楽しいのです。

予想外の出来事に遭遇したり、知らない人とのひょんな出逢いだったり、見たこともない景色に見とれたり。

 

あなたはRPGゲームをやったことがありますか?

冒険当初から最強の武具があり、資金も潤沢で、ラスボスをすぐに倒せたら、そのゲームは楽しいでしょうか?

ないないづくしの中からスタートし、弱い状態から努力して強くなり、悩みながら、工夫しながら、仲間たちと困難を乗り越えていくからこそ楽しいのではないでしょうか?

漫画や映画でも同じ。

いきなり主人公が最強で、幸せなハッピー状態だとしたら、その物語は面白いでしょうか?

 

先日、わたくしは、一年点検のために預けた車を取りにディーラー店まで行きました。

購入した場所が自宅から遠いところだったので、時間をかけて代車を運転し、取りに行きました。

その間、普段あまり見ないような景色を楽しむことができました。

たとえば、高速から見る隅田川の情景だったり、昨年できたスカイツリーを首都高から間近で見上げたり。

運転中、いろいろな新しい車を見ることもできて楽しかった。

普段止まらないようなパーキングエリアで食事をしたり。

 

最近は、近道が美徳のような風潮があります。

たとえば、「今すぐ稼ぐ」「たった90日で儲かる」「20代で手っ取り早くお金持ちになろう」など。

それはそれでいいかもしれないが、「答え」だけに囚われると、冒険や旅の本来の楽しみを味わうことができません。

お釈迦様は弟子に

「なんのために歩くのですか?」

と聞かれた。

お釈迦様はこう答えました。

「歩くために歩く」

と。

世間の「近道」したがる風習には決して惑わされてはいけません。

======================
ステップメール集客の原理原則がわかる初心者向けステップメールで儲けるノウハウはこちら
======================
元祖ステップメールのアスメル公式サイト
ステップメールとは?動画解説
アスメル説明会開催情報
アスメルのテーマソング
※音量にはご注意ください。結構でかいです。




このページの先頭へ