ホーリズムで経営を考える

ホーリズムをご存知でしょうか?

私は常々、この理論で生きています。特に経営でも。

誤解を怖れず簡単に説明すると、部分をいくら組み合わせても、全体には決してならない、ということです。

例えば、ジグソーパズルは、部分の集合だから、部分を、一つ一つ組み合わせれば完成すると思われがちです。

しかし、そんなことはありません。

ジグソーパズルにチャレンジする際、多くの人は、まず「全体像」をイメージするはずです。

それから、このピースはだいたいここかな?と、想像し、仮説検証して最適解を求めていきます。

スポーツなども同様です。野球であれば、ただ素振りを何回もやみくもにやり、走り込み、バントの練習をしたり、部分の練習をやるだけでは上達しません。

まず、全体像を理解してから、部分に取り組むことです。

 

これは経営でも同じ、だとわたくしは思うんですね。

ただ、売りまくっても経営はよくなりません。

ただ、いい人材を入れても経営はよくなりません。

ただ、いい商材を持っていても経営はよくなりません。

まず、全体像を理解する。

それは、目標であり、戦略であり、ビジネスモデルです。

それから、必要な部分を当てはめ、仮説検証して、最適解を求めていく。

これが経営だ、とわたくしは思うわけです。

ただやみくもに毎日を過ごしても経営はよくなりません。

全体→部分が正解で、部分→全体は不正解です。

執筆者:作野裕樹(さくのひろき)

【HIROKI SAKUNO REPORT「作野レポート」のご購読はこちらから】
お金のIQを上げ、「経済的自由人」になる方法などを配信中。解除は自由に行えます。



サブコンテンツ

さくのレポート【REPORT】

日本人のお金のIQを上げ「経済的自由人」になるための情報を発信する無料メールマガジンです。
・研究成果の報告・発表
・ブログに書けない内容
・作野の近況報告
・オススメ書籍
・シークレットセミナー情報
・早期割引情報
・優待情報
など配信しています。
お名前
メールアドレス

メディア掲載

経済界』2014年8月号に掲載されました。掲載記事はこちら

実業界』2014年3月号に掲載されました。掲載記事はこちら

a0f4c77bd6911599ad6b91fefcdc44d1
月刊『コロンブス』に掲載されました。掲載記事はこちら

BIGTomorrow
月刊『BIG Tomorrow』2007年10月号に掲載されました。掲載記事はこちら

twitter

動画コンテンツ

「仕事」と「お金」のゴールを分けるべき理由。
優秀な右腕やNo.2を引き寄せる方法。

このページの先頭へ