ステップメールのシナリオ作成では注意しなければならない点がいくつかあります。今日はそのうちの1つを紹介しいます。まず気をつけなければならないのは「季節性のある文章を入れないこと」です。これはどういうことでしょうか?

 例えば、「暑くなってきましたね」や「最近雨が多いですね」とステップメールのシナリオに書いたとします。それが時期に関係なく自動配信されてしまうので注意が必要です。ステップメールのメリットは、第一回目から順番にシナリオ通りに配信する点です。メールアドレスを登録された方に対し、あらかじめ作成しておいたシナリオ通りにメールが届くわけです。

 その際、夏に登録しようが、冬に登録しようが、とにかく第一回目からステップメールは配信されます。だから、「季節性」のある文章を書いてはいけないのです。

 では、いったいどのような文章をステップメールのシナリオに盛り込めばいいのでしょうか?一年中、いえ、もっといえば、10年単位でも通じるような、できるだけ「普遍的」な内容を書くべきです。例として、いくつか挙げてみます。

税理士や弁護士などの士業やコンサルタントのケース

×29年度の税制改正によると・・・

○確定申告のコツとポイント

 上のケースでは、もし、30年や31年になった時、また税制の変更があったら大変です。古い内容を届ける形になってしまいます。

 が、下のケースでは確定申告というのは毎年あり、だいたい抑えるべきコツとポイントは変わらないので、良い書き方です。それをステップメールのシナリオに盛り込むとよいでしょう。

通販のケース

×最近寒くなってきましたね。体調はお変わりありませんでしょうか?

○健康は食事で変わるというのをご存知でしょうか?

 上のケースでは、冬以外では通用しなくなってしまいます。下のケースでは時期に関係のない普遍的なことを伝えていますので、ステップメールのシナリオ作成として最適です。良い書き方になります。

あらゆる事業のケース

×最近、ピコ太郎が話題ですね!(※ワイルドだろ〜、グー、グ、グー!ゲッツ!そんなのかんけいねぇ!等も同様)

○宮本武蔵の五輪書によると・・・

 上のケースでは、残念ながら、長く続くかはわかりません。ステップメールのシナリオ作成には向いていません。が、下のケースでは宮本武蔵の話は普遍的な内容ですからステップメールに向いています。

 以上、ステップメールのシナリオ作成の注意点その1「季節性のある文章は入れない」でした。参考になれば幸いです。

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。