面白いニュースを見つけた。

『「プロ経営者」起用拡大』とのこと。

これを見てつくづく思う事は、「経営者」と「起業家」はまったく違う職業であるということ。

この違いがわからないと、起業して年商1億を突破するのは非常に困難になる。

起業家は、事業を起こすのが仕事だ。

言い方を変えれば、0から1を起こすこと。

経営者は、起こした事業をマネジメントすることが仕事。

言い方を変えれば、1を10にすること。

どちらの能力も重要で、どちらが偉いとかはない。

 

ただ、これがわからないで起業し、ずっと起業家のままでいると、会社は成長しない。

なぜなら、起業家に必要な資質は、「創造性」だからだ。

誤解を恐れずに言えば、「破壊と創造」ができる人。

既存を壊して、新規を創ること。

これができるのが起業家。

確かに、起業時はこの資質は大きく活かされる。

 

しかし、ある程度、事業が回りだすと、今度は、この資質がアダとなる。

なぜなら、せっかく、固まりつつあるビジネスなのに、起業家が破壊してしまうのだ。

こういう起業家ステージから抜け出せない人をわたしは何人も見てきた。

いつもいつも新しいことをやっている。やりたがる。

名刺ももらう度に変わる。

facebookを見ても常に新しい事をやっている。

ホームページもころころ変わる。

確かに、端から見ると、エネルギッシュである。

 

ところが、内情はどうだろうか。

おそらく、「経営」レベルにはほど遠い状況だと思われる。

 

起業家は、ある意味、二重人格である必要がある。

創業時は、起業家の人格でいく。

ある程度、固まってきたら、経営者の人格でいく。

もし、この使い分けができない場合は、人にお願いする。依頼する。

そうすれば、起業家と経営者の能力の両輪が回り始めてうまくいく。

 

ただ、やはり、起業家ステージから次のステージにいくには、「経営スキル」は学んでおくに越したことはない。経営スキルがあれば、あらゆる事業に応用が利く。商品が違っても儲けられる。汎用性もある。

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。
※お名前
※メールアドレス