ARとステップメールが結びつく時代が来る?

経営者としてポケモンGOなどのAR技術の行く末は見張っておく必要があります。もしかしたら業界地図を塗り変えるような劇的な黒船になる可能性があるからです。

そんな中「ポケモンGOで客数増加・利益増の事例」の大変興味深い記事を見つけました。ポケモンGOで客数増加・利益増に貢献するヒントになるでしょう。ポケモンGO=拡張現実(AR)により、店舗や不動産など、あらゆる「場」の価値の向上が見込める可能性があります。ステップメールやメルマガの読者獲得とARが結びつく時代も来るかもしれません。

『鳥取砂丘で87カ所ポータル申請 Pokemon GO“解放区”のきっかけに』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000081-zdn_n-game

(IT mediaより引用)

要するに、鳥取砂丘をポケモンGOで遊びやすいようにしたということです。結果、知名度も上がり、来場数も増えました。具体的には「ポケストップ」というアイテムがもらえるありがたいスポットが多数あるということ。プレーヤーは遊びやすい仕様になっています。

このポケストップは、Niantic社のゲーム「Ingress」の「ポータル」の登録が元になっています。担当者は鳥取砂丘に「杭」を何本か挿し、それをingressに登録したのです。その結果、そこがポケストップになりました。

これはあらゆる商売に活かせるでしょう。店舗や不動産系など。店舗商売やってる人は、ingressのポータルに登録すれば、ポケストップになる可能性があるし、もしかしたら、今後、ポケモンGO以外でもスポットになる可能性があるわけです。「一応登録しておく」という選択肢を取ってみてもよいでしょう。

不動産だって、「ポケストップ」があることが価値上昇につながる可能性があります。不動産は「近くにコンビニがある」ことで価値上昇につながるのです。つまり、「コンビニ」が世に登場する前と後で価値の転換が起きるかもしれません。業界地図を塗り変えてしまうぐらい「AR(拡張現実)」の可能性ってすごいわけです。AR からメルマガやステップメール、LINEの登録を促す時代も来る可能性があります。

もう世の中はとっくに「情報化社会」になっています。物や場に価値があるのではありません。「情報」に価値があるのです。たとえば、鳥取砂丘は誤解を恐れず言うなら、ただの砂丘。けど、ポケストップという「情報価値」が付け加わったとこで、場の価値が上昇する可能性が出てきたのです。場だけではありません。フェラーリやエルメスのバーキンなども、物というよりそこに乗っかる「情報」に価値があるわけです。

商売のチャンスはすでに「情報空間」に移行しているのです。しかし、情報空間を手にとって出せと言われても出せません。だからこそ、疑う人も多いし、頭の固い人は起きている変化が見えないのです。そういう人ほど新技術を否定します。怪しんだり、恐れたりします。残念ながら、否定すればするほど、ますます色眼鏡は濃くなり、見えなくなってしまうでしょう。そうならないためには、物事を「ありのまま」に見る姿勢を持ち続けることが大事です。仏教で言えば観自在。差別することなく、分別することなく、ただただ観る。感じるのです。そうすれば、起きている変化に気づくことができるようになります。

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。
※お名前
※メールアドレス