そろそろ10年ぶりの新刊を書かないと・・・。

今日、ある新サービスの打ち合わせがあった。

取引先とは初対面。

その際、「作野さんの本を読みました!」と嬉しいやら恥ずかしい言葉をいただいた。

けど、著書を出してたのって、もうかれこれ10年前なんだよなあ。

10年前となると、28歳。

なんともまあ経営者として幼いというか荒削りというか。

今になって自分ではとてもじゃないけどおそろしくて読めない(笑)。

しかしながら、その10年前の著書が作野の「最新刊」なわけで・・・

それを未だに読んでいただけるのはありがたいのだが、「そこ」を基準とされると、今後仕事を一緒にやってく上で何かと不具合が出てくるのではないかと考えるようになって、もう数年が経つ。

いやそろそろ本当に出さないと。

出さなくても既存のビジネスはうまく回ってるからって言い訳はもうなしにしよう。

執筆者:作野裕樹(さくのひろき)

【HIROKI SAKUNO REPORT「作野レポート」のご購読はこちらから】
お金のIQを上げ、「経済的自由人」になる方法などを配信中。解除は自由に行えます。



サブコンテンツ

さくのレポート【REPORT】

独立起業後ブレイクスルーを起こすには適切な「戦略」が必要。当メルマガは主に創業ベンチャー向け年商5000万〜1億円越えに必要な戦略知識をお伝えしていく無料メールマガジンです。戦略、マーケティング、マネジメントから、広報PR対策、商標対策、税務対策、資金対策まで創業ベンチャーに必要な知識を幅広くカバーしています。
・研究成果の報告・発表
・ブログに書けない内容
・作野の近況報告
・オススメ書籍
・シークレットセミナー情報
・早期割引情報
・優待情報
など配信しています。
お名前
メールアドレス

メディア掲載

経済界』2014年8月号に掲載されました。掲載記事はこちら

実業界』2014年3月号に掲載されました。掲載記事はこちら

a0f4c77bd6911599ad6b91fefcdc44d1
月刊『コロンブス』に掲載されました。掲載記事はこちら

BIGTomorrow
月刊『BIG Tomorrow』2007年10月号に掲載されました。掲載記事はこちら

twitter

動画コンテンツ

「仕事」と「お金」のゴールを分けるべき理由。
優秀な右腕やNo.2を引き寄せる方法。

このページの先頭へ