ビジネスは「パターン認識」でうまくいく。

最近これにハマっている。

『闘いの挽歌』。

ファミコンのゲームで、1986年にカプコンから出たもの。

これがおもしろい。

はまる。

剣をふりかざして敵を倒しながら進んで行くありきたりのゲーム。

なのだが、何よりおもしろいのは「パターンを攻略する」こと。

はじめて遭遇する敵は、行動パターンがわからないのでやられてしまう。

でも、何度もやっていくと、敵の行動パターンがわかるようになってくる。

すると、攻撃とかを避けたりできるようになる。

この時、なんともいえない達成感があるわけだ。

よく考えたらビジネスも同じだよなあ。

ビジネスもパターン認識。

ビジネスも「人間」が動かしている以上、さまざまな「パターン」が存在する。

それを「解いていく」のがおもしろかったりするわけだ。

確かにビジネスは二度同じことが起きることはまずない。

が、ある程度のパターンがあり、形を変えて姿を表す。

ということで、次のファミコンゲーム、なにやろうかな。

ファミコンって、単純なので、攻略パターンがさほど多くなく、「攻略グセ」を習慣づけるにはもってこいだね。

執筆者:作野裕樹(さくのひろき)

【HIROKI SAKUNO REPORT「作野レポート」のご購読はこちらから】
お金のIQを上げ、「経済的自由人」になる方法などを配信中。解除は自由に行えます。



サブコンテンツ

さくのレポート【REPORT】

独立起業後ブレイクスルーを起こすには適切な「戦略」が必要。当メルマガは主に創業ベンチャー向け年商5000万〜1億円越えに必要な戦略知識をお伝えしていく無料メールマガジンです。戦略、マーケティング、マネジメントから、広報PR対策、商標対策、税務対策、資金対策まで創業ベンチャーに必要な知識を幅広くカバーしています。
・研究成果の報告・発表
・ブログに書けない内容
・作野の近況報告
・オススメ書籍
・シークレットセミナー情報
・早期割引情報
・優待情報
など配信しています。
お名前
メールアドレス

メディア掲載

経済界』2014年8月号に掲載されました。掲載記事はこちら

実業界』2014年3月号に掲載されました。掲載記事はこちら

a0f4c77bd6911599ad6b91fefcdc44d1
月刊『コロンブス』に掲載されました。掲載記事はこちら

BIGTomorrow
月刊『BIG Tomorrow』2007年10月号に掲載されました。掲載記事はこちら

twitter

動画コンテンツ

「仕事」と「お金」のゴールを分けるべき理由。
優秀な右腕やNo.2を引き寄せる方法。

このページの先頭へ