もうかれこれ10年以上ステップメール事業に携わっております。

色々な方のステップメールに関する相談がありますが、最近特に多いのが「カウンセラー」の方の相談です。

似たような業種ではコーチやコンサルタントもあります。

カウンセラーの方が、ステップメールの集客で成功するにはどうしたらいいでしょうか?

どのような書き方をしたらいいのでしょうか?

最も簡単な方法は、「どうする」より「どうなる」の情報を発信することです。

よく間違ったカウンセラーの方は、「こうした方がいいよ」「ああした方がいいよ」といったDOの情報を発信してしまいます。

しかし、よく考えてみて欲しいのですが、名も売れてない人から「ああした方がいい」と言われても、ピンとこないわけです。

余計なお世話だ!と思ってしまう場合もあります。

では、どうしたらいいのか?というと、「どうなる」つまり、BEの情報を発信することです。

わかりやすくいうなら、ビフォーアフターでもいいでしょう。

私のカウンセリングを受けたら、「こうなりますよ」「こうなったよ」といった情報を発信するのです。

たとえば、うつの患者がカウンセラーを受けることで「よくなったという感想をいただきました!」といった、目に見えてわかるBEをステップメールで発信していくのです。

そうすると、読者はイメージしやすくなり、カウンセリングの申し込み率も上がるというわけです。

実際に私のクライアントさんも、DOのノウハウ系情報発信ではなく、BEの「感想」系の情報発信をしたら、驚くほど契約率が高くなりました。

参考にしてみてください。

 

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。