釣り業界などアウトドア系の

ウェブマーケティング会社として日本一を狙いたい!

インタビュアー:今月より、創業10年以内のフレッシュでHOTな起業家を突撃インタビューするコーナーをスタートします!

2012年7月、第1回目は株式会社パイプラインの松本大河社長にお越しいただきました。

松本社長、本日はどうぞよろしくお願いします。

松本:はい、よろしくお願いします。

イ:さっそくなんですが、松本社長は現在、何をされていますか?

松本:今はブランディングを軸にした広告代理店系の制作会社をやっております。

具体的な業務として、ロゴ制作、名刺デザイン、グラフィックデザインとその印刷。また、ウェブ制作からSEOによるウェブ集客のコンサルなど、ワンストップのサービスを提供しています。

クリエイティブの力でクライアントのブランド作りを多角的にサポートできたらという想いでやっています。

イ:企業さんのブランディングをしていく中で、これから集中していきたい業界や業種はありますか?

松本:実は、今、一番注目しているのは釣り業界です。

なぜ釣り業界かというと、いくつか理由はありますが、まず、自分自身がやってて面白いのが釣り。

釣りは世代を超えて楽しめます。友達と一緒にやってても楽しいです。

さらに、楽しんだ上に釣った獲物をを食べられる(笑)。

行くときもワイワイ。
やってる時もワイワイ。
釣った後も食べてワイワイ楽しい。

それに、ビジネスとしても市場性が大きい業界なんで注目しています。

イ:なるほど、釣りが大好きなんですね。

松本:はい。それと、最近、ちょうど仕事で、狙ってたわけじゃないんですけど、フェイスブック通じて釣り系の案件がきたんです。

営業してるつもりはなかったんですが(笑)。

自分がやってる釣りの写真とかを見て。

自分自身が釣りをやってるんで、エンドユーザーの気持ちにたって、アドバイスなどしてたら、自然に仕事につながったりしてきましたね。

イ:某大手企業のCMにも採用されましたしね。やはり、釣り業界に強いというのは松本さんの大きな強みだと思います。

松本:今、日本全体が景気悪いと言われてるじゃないですか?

そのしわ寄せが趣味業界にもきてしまっている。

そこで、自分のノウハウやクリエイティブの力で市場の活性化ができたらいいなと。

ひいては、日本経済活性化につながればいいと想っています。

イ:素晴らしいですね!ここでちょっと質問が変わりますが、松本さんは今までどんなことをされてましたか?

松本:ある雑誌会社の仕事を10数年やってきました。現在もその会社の取締役もやっています。

その雑誌会社では、輸入関連の卸販売や小売りもやりました。

雑誌部門では自分自身が編集者もやってました。
ライティングもやったりしました。

ECの立ち上げではマーケティングもやってました。

これらの10数年の経験が、現在のパイプラインの土台になっています。

イ:松本社長は編集力もあるんですね。

松本:ウェブ制作の上で重視するのはコンテンツ作り。

やはりウェブサイトはきれいなだけでは意味がないと思ってます。

問い合わせ、注文、専門用語でいうとコンバージョンにつながるサイトでないと意味がないと思ってます。

ビジュアルは大前提。

そして、大切なのはコンテンツ。

クライアントのコンテンツを引き出してあげる力がとても重要です。

たとえば、編集者の仕事をしてた時は、おもしろい人を見つけてきて、引き出して一つのコンテンツにまとめてあげる。

こういうことをやってましたね。

イ:なるほど。それが今の起業に活かされているんですね。編集力はこれからの時代とても重要だと思ってます。

それと、もう一つの強みがマーケティング力ですね?

松本:はい、ECショップ立ち上げ経験で身につけました。

たとえば、この業界だったらこの売り方がうまくいくのでは?
と仮説を立て、クライアントと供にマーケティングの最適化を図っていきます。

また、クライアント自身が、創業の想いだったり魅力に気づいていないケースが多い。
情熱を持って、素晴らしい理念でやってたりするのですが、それがちゃんと形になってなかったりします。

なので、話していくうちに、自分自身がそれをまとめてあげる。

自分はお客さんの想いを形にできる。
これがわたくしの強みでもあると感じています。

イ:雑誌社の経験が活きているんですね。マーケティングで使えるようなコンテンツを引き出せるって素晴らしいです。ただ単に依頼された仕事をこなすだけのウェブ制作会社とは一線を画していますね。

それと松本社長はデザイン力もありますよね?学校などで学んでるんでしたっけ?

松本:元々、出版時代にグラフィックデザインの制作をやっていました。独学で。

しかし、一度体系的にデザインを学びたい。

そう思い、クリエイティブ系の専門学校2年学びました。

それから、卒業後、ウェブマーケティングを磨くためにSEOを体系的にある学校で学びました。

さらに、ビジネスで使える高度なデザイン力を身につけるために現在は夜間学校に通って磨いています。

イ:編集力、マーケティング力、デザイン力の三本柱ですね。これは他社にはない大きな強みだと思います。

今後の展望は?

松本:一つのチャレンジとして、釣り業界に特化したウェブマーケティング会社として日本一になりたい。

それと、日本一になるまでに培ったノウハウや経験を、出版等で新起業家や小さな会社にブランディングの知恵として提供できたらいいなと考えています。

イ:最後に、読者に伝えたいことは?

松本:自分自身、起業してみて、起業家ってのは本当に魅力的な生き方だなと思う。

もし足踏みしてるんであれば、是非、行動力を出して、一歩を踏み出してほしいと思います。

イ:それと、読者に無料のプレゼントがあるんでしたっけ?

松本:はい、ウェブのコンサルをやってますので、もし、集客できてないウェブサイトがあれば、無料で3社限定でウェブ無料診断をして差し上げます。

さらに、その中から抽選で1社、ウェブコンサルティング1ヶ月もやります。

イ:いいですね!読者の方で、ウェブ集客にお困りの方は、ぜひ、応募してみてください。

それでは、本日は松本社長、ありがとうございました!

松本:ありがとうございました。
松本大河プロフィール:1974年東京都新宿区生まれ。立教中学、立教高校を経て立教大学経済学部経済学科卒業。クリエイティブ専門スクール・デジタルハリウッドWeb総合プロコース卒業。現在、デジタルハリウッド大学院に在籍し、ブランディングならびにヒット学の分野を研究中。「いい仕事は、イイ遊びから」を信条とし、その多趣味なプライベート活動は、幅広いジャンルのクリティブワークの原動力になっている。2012年2月、株式会社パイプラインを設立。

趣味:ウインドサーフィン、サーフィン、フィッシング、音楽、ファッション、料理

セミナー・講演歴:独立したいWebクリエイターのSEO講座「4S」  in  デジタルハリウッド渋谷校
メディア出演歴:OLYMPUS様防水カメラ「Tough」Webコマ―シャル  『Toughだから遊べる!タフな大物釣りあげろ』

受賞歴:第39回デジタルハリウッド・クリエイターズ・オーディション

資格:全日本SEO協会公認SEOコンサルタント

パイプライン公式Webサイト
パイプラインFBページ
アメブロ

【ステップメール等で集客する方法の研究成果をお届けするメルマガのご案内(購読無料)】
事例多数、ステップメール&メルマガ事業14年以上の運営経験に基づく知見、及び日々の研究から得られた成果をお届けします。